昔ながらの八女茶 (煎茶)グリーンワールド八女おすすめです

茶畑の茶葉に日光を浴びせるとお茶の甘み成分であるテアニンが渋みのもととなるカテキンへ変化して、ほど良い渋みとさわやかな香りと味わいを持つ八女茶が出来上がります。
水色(すいしょく)はやや緑がかった黄色です。

2021年の新茶です。
「昔ながらの八女茶」は茶葉全体に日光を浴びせる露地栽培した八女茶です。

<味>
茶畑の茶葉に日光を浴びせるとお茶の甘み成分であるテアニンが渋みのもととなるカテキンへ変化して、ほど良い渋みとさわやかな香りと味わいを持つ八女茶が出来上がります。
水色(すいしょく)はやや緑がかった黄色です。

<茶葉のこだわり>
一番茶を100%使用し、グリーンワールド八女の茶師が丹精込めて作ったお茶です。

<品種>
全国で一番栽培されている「やぶきた」です。

<産地の特徴>
高級茶の産地と知られる八女地域は気象が内陸性で、日中と夜間の温度差が大きく、また、降水量も多く上質茶の産地として気象条件に恵まれています。

<保存方法>
高温多湿を避け、移り香にご注意ください。

<賞味期限>
1年間

グリーンワールド八女のこだわりの土

グリーンワールド八女 / 健祥では、茶畑には有機質肥料(骨粉、鶏糞など)を中心に施肥し、美味しくて、体にも自然にも優しいお茶作りをしています。

美味しいお茶と密接な関係がある、土づくり、グリーンワールド八女/健祥の愛情を持って作る土から出来たお茶、是非飲んでみて下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »