八女茶 特上煎茶 煎茶 ギフト プレゼント お茶 八女 お茶 煎茶 農家 直送

緑茶の飲み方で元気いっぱいになります

朝晩、涼しくなってきました。

日中はまだまだ暑いので

気温の変化にご注意ください。

この時期に風邪をひいてしまう人も少なくありません。

そこで、今の時期から風邪予防にちょっとだけ気を付けるのも元気で過ごす秘訣です。

緑茶でうがいすると風邪の予防になる」といったことを聞いたことがあるかと思います。

緑茶には抗酸化作用があり、喉の殺菌にもなりますし、もちろん飲めば体の中のウイルスも

減退させる効果があります。

緑茶は「ちょこちょこ飲み」がよい

せっかく飲むのなら、健康にもなる飲み方がいい。

緑茶は飲んで大腸まで届く以外は、小腸の腸管から吸収され、全身にいきわたりながら、活性酸素を中和するとされています。

その際、カテキンは体内では異物として扱われるため、吸収されても腎臓で体外へと排出されます。

腸管からの吸収もわずかで、飲んで1時間から2時間くらいで血中濃度がピークとなります。

カテキンの成分を常に発揮させるためには、「ちょこちょこ飲み」がよいというわけです。

まだまだ、良い効果があります。

カテキンは脂肪を燃焼させる効果があります。

血中にあるカテキンは肝臓の脂質代謝を活発にします。

運動をする1時間ほど前に緑茶を飲むとより効果的です。

血中のカテキン濃度が高い状態での運動は脂肪燃焼をよりよくさせるといわれています。

スポーツの秋、食欲の秋、健祥グリーンワールド八女のおいしい緑茶を飲んで

元気にお過ごし下さい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Translate »