荒茶(あらちゃ)とは?

茶畑で採れた茶葉そのままでは、酸化が進んでしまい、香りなどが失われていきます。なので、摘んだ茶葉は直ぐに、荒茶工場へ運び、蒸して揉んで乾燥させ、お茶の美味しさを最大限に茶葉の中にとどめます。

このように収穫後に製茶した茶葉を荒茶(あらちゃ)と言います。

製茶した荒茶から、煎茶や茎茶、ほうじ茶等に仕分けていきます。

1 生葉自動コンテナ

2 蒸機

3 冷却機

4 粗揉機(そじゅうき)

5 揉捻機(じゅうねんき)

6 中揉機(ちゅうじゅうき)

7 精揉機(せいじゅうき)

8 棚乾燥機

9 選別機

10 金属検出器

11 合組機(ごうぐみき)

1 生葉自動コンテナ

生葉の鮮度維持のため、湿度の高い空気を送ります。

2 蒸機

蒸機で蒸して酸化酵素の働きを止め、蒸し時間の長さで浅蒸し、中蒸し、深蒸しなどを調整します。(当工場は中蒸しです)

3 冷却

葉の表面の水分を取り除きながら蒸した茶葉を冷やします。

4 粗揉(そじゅう)

揉みながら熱風で水分を取り除いていきます。

5 揉捻(じゅうねん)

茶葉に力を加えながら、茶葉の水分を均一化を図りながら加熱せずに揉みます。

6 中揉(ちゅうじゅう)

熱風を送りながら圧を加えて揉みます。

7 精揉(せいじゅう)

茶葉に熱と力を加え、形を針のようにまっすぐ整えながら乾かします。

8 乾燥

熱風乾燥で茶葉を十分に乾かします。

9 選別

異物等を除去し、茶葉の大きさを整えます。

10 金属異物除去

金属探知機で金属異物を除去します。

11 合組(ごうぐみ)

茶葉を均一にブレンドします。

Translate »